koki's Blog

日々のエッセイを。
<< バンコクすぺしゃるデイズ Vol.3 | main | バンコクふぁいなるデイズ vol.1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アイランドとらべるデイズ
昨日、コサメットという島から帰ってきました。
4日間、行っていたのですが、この雨季にして
全ての日程が晴れだったので、とてもラッキーでした。

コサメットは、オフシーズンという事もあって、
泊まったコテージの専属のビーチは、完全プライベートで最高でした。

バイクを借りて、ビーチというビーチを周り、
物凄く美味しいシーフードを食べて、
この世のものとは思えない程、キレイなサンセットを見て、
海で最高にリラックスしてきました。

全然、関係のない話なのですが、
バンコクに持ってきた本がたくさんあるのですが、
1冊も読んでいません。

何だか難しい本を持ってきてしまったので、
ただの荷物になっています。

島に行く前に、辻仁成の「サヨナライツカ」をこっちで買ってしまいました。初めて読んだ時、あまり好きではなかったこの本ですが、
今、2冊持っていて、読むたびに色々と感じるものがあります。

僕の好きな小説は、村上龍の本だったりするので、
文章の表現が、例えば、今、僕がバンコクのネットカフェで
メールをしているというシーンを、
言葉で、刻銘に具体的に、とてもリアルにという事ですが、
描かれています。そういう文章での表現の仕方が好きです。

この「サヨナライツカ」は、文章が抽象的表現が多くて、
表現のバリエーションが好きではなかったのですが、

物凄く、感情移入できるというか、
恋愛について、考えます。

中でも、

とても愛する人に出会って、幸せの絶頂にいる時に、
私は、サヨナラを用意して、その人の寝顔を見るのだと思う。
それは、ネガティブに捉えているという事を言いたいのではなくて、
人は、生まれてから死ぬまで、孤独に生きていく生き物だという事なんだ
という事があって、人生の瞬間、瞬間を尊重できる。

みたいな事が書いてあるのですが、
スゴイなーっと素直に思いました。

島での彼女との生活は、僕にとって、
とても貴重なものでした。

彼女は、23歳なのですが、
僕よりも、大人です。

とてもシンプルに考える人で、
僕みたいな邪な人間には、ハッとさせられる瞬間ばかりです。

自分には、人生設計があって、
と言っても、堅実なものは何一つないのですが、

まだ、何も成し遂げてないぞ。
って思いが強い中で、

どうして行こうか?迷っています。

このバンコクで、何も決められずに時間だけ過ぎてしまっています。

31日にバンコクを出ます。
後、3日。

時間が来るまで、悩むだと思います。
迷ってしまうのは、良くないと分かっているのですが。
| koking | - | 13:19 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:19 | - | - |









http://koking.jugem.cc/trackback/155
もてない男ががもてるようになる方法
もてないと思っている方。それは思い込みです。
| もてない男ががもてるようになる方法!もてないとあきらめないでください。 | 2006/05/28 2:57 PM |
オーガズム
オーガズム
| オーガズム | 2006/05/28 10:48 PM |
シンプル
真実はとてもシンプル。シンプルなのに難しいのが人生の面白いところ。大事なのは、シンプルな事をどれだけ継続できるか、ということ。世の中に仕事であろうが、なんであろうが楽して叶えられる事なんてないだろう。真実は『簡単だけど楽じゃない』。誰でも土俵にあがれ
| Beauty | 2006/10/27 12:13 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ